改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座 続木和子 方法 検査

検査後に病院で聞いておくべきこと

病院での診察や検査が終わると、その結果を聞くことになりますね。
病名はもとより専門的なことも聞いておかないといけないこともでてきます。その為、分からないことはきちんとメモをとるなどして医師に尋ねるようにしましょう。

 

 

病院で聞いておくべき事としては、子宮筋腫の場合なら、筋腫のタイプや数、大きさ、出来ている場所などを聞くようにして下さい。
また、超音波検査やMRIなどの画像検査を受けたら、その写真を見せてもらうことも必要です。

 

 

また、今後どの程度の子宮筋腫の進行が予想されるのかなどの病気の進行や、更に妊娠希望の有無、仕事はしているか、家族状況などを医師に伝え、今後の治療方法を聞いておく必要があります。

 

 

それによって経過観察で様子を見るのか、それともピルなどの合成ホルモン薬を使った対症療法、手術療法の選択などの治療方針を尋ね、その治療を進める根拠を聞き、その治療を行った際のメリットとデメリットを必ず確認しておきましょう。

 

 

子宮筋腫や子宮内膜症などの病気は、直ぐに命に関わってくる病気ではなく、早急に治療を始めなければいけないということはありません。その為、慌てて結論は出すことはありません。

 

 

病院での診断や検査後の医師からのアドバイスを参考にし、自宅に帰ってから家族に相談して良く考えることも出来るのです。今はインターネットなどで多くの情報を集めることが出来るので、自分に合った治療法を見つけ、自分の意志で治療法を決断することをお勧めします。

 

 

薬や手術に頼ることなく自宅で根本から改善する方法!

 

            改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座の詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 子宮筋腫の治療について 子宮筋腫の検査