改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座 続木和子 治療

現在の子宮筋腫治療のメリット・デメリット

現在の子宮筋腫治療のメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

現在行われている子宮筋腫治療は、大きく分けて薬物療法と手術療法の2つがあり、更にその他の治療には、収束超音波療法や子宮動脈塞栓術などがあります。

 

 

どの治療法を選ぶにしても、筋腫の出来ている場所や、発育の程度などの症状を総合的に判断して決める必要があり、その為には、それぞれの治療法のメリット、デメリットを知って、どのような経過をたどる可能性があるのかなど知っておくことが大切です。

 

 

【薬物治療法】

治療法の種類

メリット

デメリット

対症療法

(漢方薬、ピル、鉄剤、止血剤など)

・副作用が少ない。
・月経痛や過多月経が緩和できる。

 

・効果には個人差があり、効き目のない人 もいる。
・筋腫そのものを改善することは出来ず、 根本的に治すことが出来ない。

偽閉経療法

(エストロゲンをホルモン療法で抑制)

・筋腫を一時的に縮小させることが出来  る。
・手術を閉経が近い人は、やらずにすむ。

・副作用が強い為、長期間に渡って使用は 出来ない。
・薬をやめると、筋腫が元の大きさに戻っ てしまう。

 

 

【手術治療法】

治療法の種類

メリット

デメリット

子宮全摘術
(子宮筋腫を全部摘出)

・全ての筋腫で起きていた不快な症状がなくなり、再発の心配がない。 ・今後、妊娠が出来なくなる。

子宮筋腫核出術
(筋腫だけを取り除く)

・筋腫の症状が消えたり、軽減する。
・今後の妊娠も可能。

・再発する可能性がある。

 

 

以上が、現在行われている子宮筋腫治療のメリット、デメリットです。子宮全摘術は完全に治すことが出来ますが、手術によっておこる精神面や身体的負担を考えると簡単に選ぶべきものとは言えません。

 

 

また、すぐに手術というような全てが同じように治療するというものではなく、子宮筋腫が不妊や健康などにどのように関わっているのか、そして、年齢や生活面、経済的な問題などを考慮して、今の最善の治療は何なのかをはっきさせることが必要です。

 

 

あなたが筋腫とどのように向き合うか、そんな治療法に迷ったり病気と診断され不安を持った時に役立つのが、続木和子先生の最新の栄養学(ホリスティック)に基づいた、3つのステップを実践するだけの改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座です。一度ご覧になるだけも今後の参考になるでしょう。

 

           改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座の詳細を見てみる

 

 
実践者の声 子宮筋腫の治療について 子宮筋腫の検査