女性ホルモン 腸 改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座 続木和子 治療

女性ホルモンと腸の関係

女性ホルモンは腸と深い関係があるのをご存じですか?
生理前になるとお腹がゆるくなったり、便秘になる。生理中にはお通じが良くなるなど、快腸になるといったことを実感する女性も多いのではないでしょうか。

 

 

実は、これは女性ホルモンの影響なんですね。
このような女性が胃腸にトラブルを起しやすいのは、生理(月経)や排卵期などによって女性ホルモンのバランスが崩れて乱れやすくなるからです。

 

 

それによって腸内環境を悪化させ、腸内環境もまた女性ホルモンの乱れを引き起こす原因になることから、お互いに影響しあっているのです。
そして、腸内環境というのは免疫機能を活発にする方向にも、逆に落とす方向にも働きます。

 

 

疲れやすい、だるい、風邪をひきやすいという症状は腸内環境が悪くなっていることの現れとも言え、そうなるとホルモンバランスが崩れる原因にもなるわけです。

 

 

更に、ストレスがあると腸内細菌のバランスが極端に変わることがあります。
緊張したりするとお腹が痛くなったり、下痢をするということがあるのはその為です。

 

 

そして、腸内環境が悪く、免疫機能が低下してしまうと、コルチゾールというストレスホルモンが盛んに分泌されるようになります。
そうなると女性ホルモンが後回しにされてしまい、分泌不足に繋がってしまうのです。

 

 

子宮筋腫患は女性ホルモンのバランスの崩れが原因とも言われているので、食事などで腸の状態をよくすることが、しいては女性ホルモンのバランスも良くなり、子宮筋腫の改善や予防にも繋がるでしょう。

 

 

なお、この続木和子先生の改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座を既に実践されている方達には、便秘が解消したり、腸の方も快調になってストレスも軽減し、心も身体も軽くなり元気になったという方も多いです。

 

最新の栄養学「ホリスティック栄養学」に基づいた心身ともに健康になり若返る方法!

 

          改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座の詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 子宮筋腫の治療について 子宮筋腫の検査