予防 方法 改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座 続木和子 治療

子宮筋腫を予防する方法はあるの?

子宮筋腫を予防する方法はあるのでしょうか?
確かに子宮筋腫が出来るのを確実に防ぐ方法というのはありませんが、生活上に注意を払うことで症状をなだめて抑えこんだりすることは出来ると考えられます。

 

 

そんな日常生活で気をつけるべきことは、主に4つあります。
一つ目は体をを冷やさないようにする、二つ目は太らないようにする、三つ目は便秘をしないようにする、四つ目は動物脂肪を摂りすぎないようにすることです。

 

 

これが、基本的な予防法というか改善方法にあたると思います。
何故なら、これらを意識して心掛けることで、血行を良くして血液の流れが悪くなる鬱血を避け、子宮とその周囲の環境を良くすることが出来るからです。

 

 

また、脂肪が子宮筋腫を育ててしまう女性ホルモンのエストロゲンの過剰状態を促してしまうので、それを防ぐ為にも、太らないようにすることも大切なのです。

 

 

更に冷え性というのは、ストレスが原因で自律神経が乱れて起きることがあり、実際には身体が冷えているのに加えて、ストレスが強くあるときに、坂道を転がり落ちるように症状が悪くなるものです。

 

 

したがって、脂っぽい肉料理などを控えて、野菜や海藻などの繊維質の多いものを多く摂って便秘しないようにし、太らないようなストレス解消法として、適度な運動をすることです。

 

 

ですが、運動といってもハードなものではなく、血管の脂肪分であるコレステロールを落とす酸素を多く取り入れるものが良いです。
血液中に酸素が充分にある状態になれば、脂肪が酸素と結合して燃えて痩せやすくなるからです。

 

 

これはダイエットでも良く言われることで、つまりは健康的に痩せるという心掛けが子宮筋腫の改善方法にもなり、そうすることで女性ホルモンのバランスも整ってくることにも繋がるのです。

 

 

したがって、理論的には身体が冷えている人は温めて、太っている人はもちろん、痩せている人も食生活を改善しながら適度に体を動かすようにすれば、それだけで子宮筋腫はある程度良くなると言えるかもしれません。

 

 

なお、この続木和子先生の改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座を実践され改善された女性には、食生活を見直すことで生理が軽くなり便秘まで治ってしまった方や、スリムになり疲れにくくもなり、ダイエットに成功した方も多くいらっしゃいます。

こういった方法があるということを知るだけでも視野が広がり、今後の治療の選択肢も広がるので一度参考にしても損はないでしょう。

 

日常生活で無理なくホルモンバランスを整え、生理痛や子宮筋腫を改善する方法

最新のホリスティック栄養学に基づいた治療法

 

          改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座の詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 子宮筋腫の治療について 子宮筋腫の検査