子宮内膜症 合併 改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座 続木和子 治療

子宮筋腫と子宮内膜症は互いに合併しやすい

子宮筋腫と子宮内膜症(子宮腺筋症)は合併の頻度が高いと言われていますね。
実際に生理痛がひどく病院に行ってみると、子宮筋腫に子宮内膜症も併発していると言われた方も少なくないでしょう。

 

 

どちらも発症の過程においてエストロゲンが関与しているかどうかははっきりしたことは言えませんが、病気の進行には女性ホルモンのエストロゲンが深く関わっているのは明らかでしょう。

 

 

このように病気の発症や進行に共通性がある病気は、互いに合併する頻度が高くなるのです。
そして、筋腫、内膜症、腺筋症のいずれも症状が似ていることがあげられます。

 

 

見られる症状には、月経痛や過多月経ですが、その他にも不正出血、下腹痛、腰痛、頻尿、性交痛、便秘、下痢、不妊も共通した状態と言えるでしょう。
また、症状が似ているということは、それだけでは診断が難しいということでもあります。

 

 

そして、互いに合併があるかどうかを見極めることは治療の方向性を決める上でとても大切になってきます。
例えば、子宮筋腫と子宮内膜症が合併している場合に、筋腫の手術を選ぶとしたら、その前に内膜症い対して薬物療法を行っておいた方が良いケースなどもあるからです。

 

 

手術をしない場合でも、互いの病気に合併症があるかどうかによっても、治療法も違ってきます。
また、筋腫なら、その大きさも、出来ている場所、癒着の程度も人によって様々ですし、当然、周辺の臓器への圧迫の強さや、月経時の痛みや辛さも違います。

 

 

また、これから妊娠を希望するのか、それとも閉経が近いかなど、その人の置かれている状況も違うので、治療の選択はこのような多くの条件の中で自分がどうしたいのか、どんな治療があるのかを知って、これからの人生設計を含めて決めることが大切です。

 

 

子供はいらないと子宮や卵巣全摘の手術を選択して、後で後悔したりすることのないようにじっくり考え、第三者(体験者)の声にも耳を傾けたり、パートナーである男性の意見も聞いて話し合うことも重要です。

 

 

なお、病院では子宮内膜症は一生の病気と言われることもありますが、子宮内膜症も子宮筋腫もホルモンバランスの崩れが基本的な原因です。 

 

 

この続木和子先生の改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座では、子宮内膜症にも効果はありますが、発症となる引き金になる原因い違うます。

その為、子宮内膜症(卵巣チョコレートのう腫、子宮腺筋症)に特化した教材も用意しています。
子宮内膜症改善プログラムの詳細はこちら

 

もし、どちらかを選ぶかでお悩みでしたら、下記公式ページ内の最下部にあるメニューの問い合わせからメールにてご相談下さい。

 

多くの方の体験者の声(写真付き)が掲載されています!

 

          改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座の公式ページを見てみる

 

 

 
実践者の声 子宮筋腫の治療について 子宮筋腫の検査