ホルモン剤 副作用 改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座 続木和子 治療

ホルモン剤の副作用

ホルモン剤の副作用をご存じですか?
そもそもホルモン療法は、子宮筋腫に発育に関係するといわれるエストルゲンの効果をホルモン剤で抑えることです。
閉経すると筋腫は小さくなりますが、このことを利用して、閉経状態を作ることで一時的に筋腫を小さくします。

 

 

そして、貧血や子宮筋腫が大きくなる傾向があり、閉経が近いと考えられるケースでは、症状をやわらげながら閉経まで持ち込む対処療法としてGnRHアゴニストというホルモン剤を選択することがあります。
これは逃げ込み療法ともいわれています。

 

 

ホルモン剤のGnRHアゴニストの副作用としては、使用中に更年期障害と同じような副作用が現れることもあります。
主な副作用としては、ほてりや多汗、イライラ、頭痛、不眠、肩こり、膣の乾燥などがあります。

 

 

また、長期間に渡って続けて使用すると、骨がもろくなる骨粗鬆症になる危険性があることから、一般的には半年投与して半年休むというサイクルで使用します。

 

 

貧血や過多月経などの辛い症状があり、どうしても手術に踏み切れず、限られた一定期間だけでも症状を緩和することができますし、筋腫が一時的に縮小することから手術前に出血量を抑える目的に使う場合もあります。

 

 

ただ、薬ですので個人差があり効果がない場合もあることや、完全に筋腫がなくならず、ホルモン剤の使用を中止すると筋腫が治療前の大きさに戻ってしまうことがあることを承知した上で選択する必要があります。

 

 

いずれにせよ、ホルモン剤は対症療法にすぎませんし、かといって筋腫核を手術で摘出しても、筋腫が原因と思われていた過多月経や貧血などの症状は期待したほど改善されないことが多いので、女性の体の基本となる女性ホルモンのバランスの悪さこそが、婦人疾患などの不快症状を引き起こす大きな原因であると言えるでしょう。

 

 

日常生活で無理なくホルモンバランスを整え、生理痛や子宮筋腫を改善する方法

 

          改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座の詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 子宮筋腫の治療について 子宮筋腫の検査