便秘 改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座 続木和子 治療

子宮筋腫と便秘の関係

女性を悩ますものの一つに便秘がありますか、子宮筋腫と関係があるのをご存じですか?
便秘の原因は不規則な生活や食事、腹筋の弱さなどが考えられますが、実は、女性ホルモンの働きが関係しています。
その為、生理が順調なうちは自然なサイクルで便秘も回復します。

 

 

実際に、女性は生理前には便秘気味になり、反対に生理直前や生理中になると下痢気味になることが多いのではないでしょうか。

 

 

これは生理前になると、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンが増えるからです。
このホルモンは妊娠に備える為に体内の水分を維持する働きがありますし、大腸もより多くの水分を吸収しようとすることから、便の水分が減って硬くなり、排出されにくくなるのです。

 

 

また、プロゲステロンは子宮の収縮を抑える働きがあり、それと同時に大腸の蠕動運動も抑えてしまいいます。

 

 

このような理由から女性は便秘になりやすいのです。
したがって、生理前にむくむからといって、水分をあまり摂らないでいると便秘が更に酷くなります。

 

 

そして、便秘が続くと腸内の善玉菌が減り、ガスや有害物質を発生させる悪玉菌が増え、血液や腸壁に有害物質などが溶け出すことで全身に巡り、吹き出物や肌が荒れたりしてくるのです。
また、腸の働きが悪くなると血流も不足し血液循環も悪くなり、内臓なども冷えてくることで、自律神経の働きも女性ホルモンの分泌も滞るようになるのです。

 

 

いずれにしても、子宮筋腫が出来るのはホルモンバランスの乱れが大きな原因のひとつなので、それが崩れれば、それだけ子宮筋腫なども出来やすくなったり、悪化してきますし、更に更年期障害も起きやすくなってくるでしょう。

 

 

したがって、子宮筋腫でお悩みの方は、便秘を改善させることがホルモンバランスを整えることにもなり、しいては子宮筋腫などの婦人病の改善や予防にも繋がると言えるでしょう。

 

 

最新の栄養学「ホリスティック栄養学」に基づいた心身ともに健康になり若返る方法!

 

          改訂版・14日間集中!子宮筋腫・改善講座の詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 子宮筋腫の治療について 子宮筋腫の検査