月経前症候群のイライラの対処法

何でもない些細なことにイライラして怒ったりすることはありませんか?
そもそも女性の場合は月経に関係していることが多く、月経前症候群(PMS)の代表的な症状でもあり、気分を落ち着かせるイライラの対処法などがあれば知りたいと思っている方も多いことでしょう。

 

 

そのような女性は基礎体温表をつけたり、月経との関係がひと目で分かるように、カレンダーに月経が来た日に印をつけて、周期を把握するようにすると良いです。
そして、理由なども分からないけどむしょうにイライラしたりする日には別の印をつけておくようにするのです。

 

 

そのようにしておけば、イライラしたりする日が、月経前後に集中していることが分かってくるんですね。
そして、その時期には仕事をセーブしたり、外出を控えるなど無理をしないように、体調に合わせた過ごし方をすることで軽くすることも出来ます。

 

 

また、対処法としては漢方薬やピルなどもあります。
お勧めの漢方には、加味逍遥散(カミショウヨウサン)があります。
これは月経前後のイライラ以外にもその他の複数の愁訴などがある人にも効果的です。その他にも不安が強い人には抑肝散(ヨクカンサン)、女神散(ニョシンサン)などがあります。

 

 

いずれにしても、まずは自分の症状が起こる時期を知り、気持ちの持ち方や無理をしないようにするなど、日常生活に工夫をすると良いと思います。
それと合わせて、ツボ押しやストレッチなどのエクササイズを取り入れて、それで対処できればベストでしょう。

 

 

なお、PMSのイライラに効くストレッチには、東洋医学で言われるエネルギーの通り道である経絡を刺激すると良いですね。
やり方は、坐って足を広げてつま先を立てます。次に頭の上で手を組んで腕を伸ばし、手のひらを返して上に向けます。
そして上体を横に倒して、手を遠くに伸ばすような感じで、体の左右の側面を伸ばすようにしましょう。

 

 

この女性専門の整骨院【シエスタ】代表の井上由紀恵先生の家庭でできる子宮筋腫・子宮内膜症、月経前症候群・月経困難症の養生法DVDでは、薬を使わず手技による、お腹を柔らかくする治療であるマニュピレーションが紹介してあります。

あるツボを刺激して、頭に上がっている気逆を鎮めて流れを整え、日常のイライラ解消出来ます。また女性生殖器系の疾患の症状回復にも非常に有効な方法です。

 

自宅で月経前症候群などの様々な辛い症状を、今すぐ自分で緩和改善できる方法

 

家庭でできる子宮筋腫・子宮内膜症の養生法DVDの詳細を見てみる