月経前症候群の症状

月経前症候群(PMS)の症状でお悩みではありませんか?
月経の始まる1週間くらい前からイライラや気分が落ち込むなどの憂うつになったり、倦怠感、腰痛、乳房の張りといった様々な体調の変化が現れます。

 

 

これらの月経前症候群の症状は、月経(生理)が始まれば自然と解消されますが、その現れ方や痛み、不快感などの強さには個人差があり、軽いイライラ程度の人もいれば、痛みや不快感などで、日常生活をを送るのもままならない人もいらっしゃいます。

 

 

そして、月経前症候群の症状には肩こりや腰痛、頭痛、むくみ、のぼせ、口内炎、冷え、便秘・下痢、吹き出物、乳房の張り、下腹部痛などのような体に現れるものと、イライラや憂鬱、集中力の低下などの精神面に現れるものがあります。

 

 

特に吹き出物や肌荒れなどが起きやすくなるとそれが気になって余計に気分が落ち込み、更に憂鬱な気分になるといったような悪循環に陥りがちになるものです。

 

 

特にPMSは、性格が几帳面な負けず嫌いな人ほど症状が強くなる傾向がありますので、日々無理をしないで体のリズムを乱さないように過ごすことが大切です。
とは言え、女性はいつも子供などが優先になり自分の事は後回しになりがちですね。

 

 

自分だけは病気にならないとか、少しだけ疲れているだけと頑張りすぎてしまうことが多いものです。
ですが、時には自分の事をい1番にいたわってあげましょう。
そして月経リズムを取り戻した体は必ず元気になれ、今よりもっと綺麗に魅力的な女性になれることでしょう。

 

 

この女性専門の整骨院【シエスタ】代表の井上由紀恵先生の家庭でできる子宮筋腫・子宮内膜症、月経前症候群・月経困難症の養生法DVDでは、月経が始まる4〜5日前に、骨盤に刺激を与えるエクササイズがあり、骨盤の動きをスムーズにすることで、月経が長引いたり、月経時の不調を改善させていきます。これで規則正しい月経リズム、生理周期に治まっていくことでしょう。

 

月経前症候群、生理不順の乱れを整える“月経リズム改善法”をお教えします

 

家庭でできる子宮筋腫・子宮内膜症の養生法DVDの詳細を見てみる