子宮筋腫の検査

子宮筋腫の検査は病院でどのようにされるのかご存じでしょうか?

 

 

一般に子宮の病気の際は、必ず行われるのが、問診、内診、経膣超音波検査です。
子宮筋腫の検査では、まず、はじめに問診です。実際に現在の自覚症状や月経のことを聞かれ内診で調べます。

 

 

内診は、膣鏡という器具を入れて膣の中井入れて診察し、その後に触診で指を入れて腹壁上のもう一方の子宮を挟んで筋腫の大きさの様子を調べます。

 

 

内診後は、超音波検査を行います。これには経膣法と経腹法がありますが、多くの場合は、より多くの情報が得られる経膣法が行わるのが一般的です。

 

 

通常は、ここまでの子宮筋腫の検査で筋腫があるかどうか、大きさや数、何処に出来ているか位置や深さなどが分かります。
子宮筋種が発見され治療が必要な大きなものは、初診時に出来ないことが多く、後日MRIでの再検査になります。

 

 

MRIは超音波検査より範囲の広い画像が得られ、より精密な筋腫の数やタイプ確定診断出来ます。
子宮筋腫や子宮肉腫などの筋腫と似ている時に判別がつきにくい時などにも用います。
また、血液検査では、貧血の状態を調べ鉄剤を処方されます。

 

 

そして、子宮筋腫が小さい時には経過観察になります。
子宮筋腫や子宮内膜症の治療は、子供がいるかいないか、出産の希望があるか、入院や通院が可能か、他にも経済的な問題など条件などによっても選択が変わってくることもあります。

 

 

例えば、今の病気の状態や進行具合などにもよりますが、閉経に近いなら逃げこみ療法、子供を産んだ人なら子宮摘出、出産していないなら子宮を残す方法を選ぶようになるでしょう。

 

 

このような治療法に迷ったり、病院での検査で子宮筋と診断されて不安を持った時に、今のつらい症状を 今すぐ自分で緩和改善できる方法もあります。

 

 

この女性専門の整骨院【シエスタ】代表の井上由紀恵先生の家庭でできる子宮筋腫・子宮内膜症、月経前症候群・月経困難症の養生法DVDでは、病院で治療しても治らず、手術しかないと言われた方でも改善例があり、ひどい生理痛、痛み、吐き気を28日で緩和することも十分に可能になります。

 

家庭でできる子宮筋腫・子宮内膜症の養生法DVDの詳細を見てみる