子宮筋腫の症状

子宮筋腫の主な症状をご存じですか?

 

 

子宮筋腫には、月経痛や貧血、しこりなど筋腫そのものからくる症状と、腰痛や頻尿など大きくなっ筋腫が周りの気管を圧迫して起こる症状があります。

 

●子宮筋腫の主な症状

 

・過多月経…毛細血管からの出血、筋腫によって子宮内膜が大きくなるなどの原因で出血量が増えます。

 

・月経痛…子宮が筋腫を排出しようとして強く収縮することで痛みが出ます。

 

・しこり(下腹部)…こぶしくらいに筋腫が大きくなると、下腹部を押すと硬いしこりにふれます。

 

・圧迫症状…子宮周辺の血管の血流が妨げられることで腰痛、下腹部痛が起こり、大腸が圧迫されて起こる
 便秘、尿管や膀胱が圧迫されて起こる 頻尿やない尿障害などがあります。

 

・不妊…卵管や子宮の変形することで、受精や着床に影響を起こします。

 

 

これらの症状で、いつ治療を始めれば良いのかは、ハッキリした決まりはなく、自覚症状があるかないかで治療をすることが多いです。
子宮筋腫が同じ大きさでも自覚症状があれば治療をしますし、なければ経過観察で様子を見る場合が多いようです。

 

 

自宅で子宮筋腫、子宮内膜症などの様々な辛い症状を、今すぐ自分で緩和改善できる方法

 

家庭でできる子宮筋腫・子宮内膜症の養生法DVDの詳細を見てみる