子宮筋腫の原因

子宮筋腫の原因はなんでしょうか?

 

 

子宮筋腫は、ある調査によると成人女性の3、4人に一人は筋腫があると言うデーターがあります。
それほど多い病気でありながら、いまだに子宮筋腫の原因は分かっていません。
ですが、何らかのかたちで女性ホルモンのエストロゲンが影響しているのは確かなようです。

 

 

また、遺伝が関係しているのではないかと言う見方が主流で、その他にも加齢が原因の一つという専門家の意見もあります。
子宮筋腫は、子宮にできた良性の腫れもので、筋肉の塊のようにイメージするかもしれませんが、実際は筋肉が繊維化したものです。

 

 

子宮筋腫が出来る部分も、子宮体部が95%、残りの5パーセントが子宮頚部に出来ます。
大きさも、顕微鏡で見なければ分からないくらい小さいものから、数sまであるものまであります。

 

 

原因はハッキリしていませんが、筋腫が大きくなるのはある程度分かっています。
子宮筋腫が出来ると、周りに毛細血管が次々と張り巡らされ、その血管から栄養を貰い成長し大きくなります。

 

 

そして、子宮筋腫や子宮内膜症は、症状の程度によっては、ご自分で治療をどのようにするのかご選ぶことが出来るのが特徴といえますね。
当然、どの治療法にもメリット、デメリットがあり、子供がすぐに欲しいのか?いずれ欲しいのか?仕事は?閉経が近いのかなど、様々な事を考え適した治療をあなたが選ぶことになります。

 

 

そんな、選択肢のひとつに自宅で子宮筋腫、子宮内膜症、月経前症候群、月経前症候群、月経困難症のつらい症状を、 今すぐ自分で緩和改善できる方法もありますので、参考にしてみて下さい。

 

 

家庭でできる子宮筋腫・子宮内膜症の養生法DVDの詳細を見てみる